Please assign a menu to the primary menu location under menu

Flora Optima

― あなたの中の百人の名医を呼び覚まそう ―

遺伝子組み換え問題

モンサントの汚い1ダース: モンサント社が作った最悪な12の製品

私は、モンサント社はひどいことをやっているとはある程度知っていましたが、この記事を読んで、本当~に、この会社は「悪魔の会社」であることを確信しました。
もはや地球に害悪しか及ぼしていない、こんな会社は、人類のためにも、他の生物や環境のためにも、地球上から消えてほしい・・! 切にそう願います。
皆さんにも是非知っていただきたいと思って訳しましたので、ちょっと長いですが、知識として持っておかれるためにも、よかったら読んで下さい。

1. サッカリン

それってなに?―― 人工甘味料。1800年代にはもうあったが、20世紀まで広く使われることはなかった。最初の動機として、モンサントがコカ・コーラ社にサッカリンを使ってもらおうと尽力したことがこれの普及に大きく関係している。

なにが悪いの?―― 最初は、カロリーなしに甘さを添加できると讃えられたが、1970年代にマウス実験でガンを起こすという研究結果が発表されてから一気に問題になり、国立衛生研究所の発がん性物質リストに載るようになる。しかしながら、その後の猛烈な圧力で、研究は間違いであったとして取り下げられ、サッカリンはリストから外されて今日また多くの食品で使われている。

何に入っている?―― 飲料、飴、クッキー、薬、ガム、ジャム、歯磨き、その他

2.PCB’s

それってなに?―― PCB’s(ポリ塩化ビフェ二ル)は、塩素化炭化水素として知られる人工の有機化学物質に属する。それは、最初1920年代にモンサント社によって変圧器、コンデンサー、電気モーターに使われる冷却液を作るために使われていた。1929年から1979年まで、アメリカ国内で製造されていたが、その後禁止された。

なにが悪いの?――PCB’sはガンとの関連性が言われていると同時に、ヒトの免疫系や生殖系、神経系や内分泌系など、健康に数多くの悪影響をもたらす。

何に使われている?――1979年に禁止されてから、PCB’sはもう使用されていないが、2011年に妊娠女性の血液中に見つかるなど、悪影響はいまだに続いている。PCB’sの禁止以前に、ケーブル絶縁、コーキング、プラスチック、接着剤や油性のペンキなど、あちこちで幅広く使われていたため。

3.ポリスチレン

それってなに?ーー 今日でも広く使われているポリスチレンは、合成ポリマーである。1941年にはポリスチレンの生産がモンサントの中心となった。

なにが悪いの?ーー ポリスチレンは、自然界で分解されず、世界で最も有害な廃棄物である。慢性的にこれにさらされると、鬱、頭痛、疲労や衰弱につながるとされている。

どこに使われている?ーー文字通り、どこにでも見られるが、最も一般的には発泡スチロールとして食品包装に使われている。紙製品よりも耐久性がある上、プラスチックよりもずっと安上がりなため、市場ではもうその使用は固定化されている。


4. 核兵器

これについては、なぜ悪いか、どこで使われているかなど説明する必要もないと思いますが^^; モンサントが関わっていることには驚きです。トーマス&ホッチワルト研究所を取得してまもなく、モンサントは1943年から1945年までマンハッタン計画で重要な役割を果たした部署を発展させました。マンハッタン計画は第二次世界大戦に最初の原子爆弾を作ったことに関与しています。


5.DDT

それってなに?ーー DDT(ジクロロ・ジフェニル・トリクロロ・エタン)はマラリア介在の蚊を退治するために作られた一般に使われる殺虫剤である。モンサントは、たまたま厳しい精査下で通った最初の殺虫剤製造会社の一つになった。

なにが悪いの?ーーDDTは、肝臓にダメージを与えたり、妊娠の可能性を減らしたり、神経系を一時的に損傷したり、その他にもいろいろと取りざたされ、1972年には生産・使用が禁止された。

どこに使われている?ーー残念ながら、DDTは分解されるのに15年以上かかる場合が多く、今でも土壌や多くの河川で見つかっている。ヒトの体へは、汚染された魚や農作物、または大気降下を通じて入ってきている可能性が高い。


6.ダイオキシン

それってなに?ーーダイオキシンは、化学関連の化合物で、科学で知られる最も有毒な化学物質とも言われる。モンサントは、農業で化学農薬の使用を推進し始めた1945年に、その存在を知った。

なにが悪いの?ーーダイオキシンは、食物連鎖で蓄積されるその性質ゆえに悪いと有名である。米国環境保護庁はかつて、ダイオキシンがヒトに発がん性があると確認したこともある。

どこに使われている?ーーダイオキシンは、使用されているというよりは食物連鎖に入り込んでしまっているので、主に肉や乳製品に見つかっている。


7.枯れ葉剤

それってなに?ーーベトナム戦争時、主に化学兵器として使われた除草剤/枯れ葉剤。モンサントは、偶然にも?2つの致死兵器の主な製造会社となった。

なにが悪いの?ーー枯れ葉剤は、40万人以上の死者と、50万人以上の先天奇形、何らかの健康被害に悩む100万人以上の人々に責任があるとされている。枯れ葉剤問題は、そのダイオキシン汚染(戦争に使用するためにアメリカ政府に売ったときに、モンサントは明らかに知っていたはずである)にあると言われる。

どこに使われている?ーーベトナムにおける枯れ葉剤の影響は、2012年にやっと正式な除染努力が行われるまでそこここにまだ見られていました。驚くべき特筆事項として、枯れ葉剤に入っていたいくつかの化学物質は、今日使われている一部の除草剤に未だに入っているということです。


8.石油由来の化学肥料

それってなに?ーー名前の通り、土や植物に栄養を与えるために使われるものである。モンサントは、主な石油精製所を買収後、1955年からそれを作り始める。

なにが悪いの?ーー化学肥料は、土壌のよい微生物を殺してしまうことで知られている。この破壊は、結果的に土地を不毛にして、外的な刺激剤に完全に頼らないと作物を作れなくしてしまう。(人の便秘薬のようですね^^;)

どこで使われている?――作る作物の成長と収穫量を大きくコントロールできると知られるようになってから、世界中の畑で使われている。


9.ラウンドアップ

それって何?――ラウンドアップ除草剤、またはグリフォサート(ラウンドアップ除草剤の主要成分)としても知られているものは、世界で最も広く使われている除草剤である。1970年にはラウンドアップを会社の代表除草剤として、農業化学部署を創設するに至る。

なにが悪いの?――いくつもの研究で、グリフォサートはその性質が潜在的内分泌かく乱物質(哺乳類のホルモン系をおかしくする化学物質、または環境ホルモン)として、ガンと関連付けられる。これらのかく乱物質は、発達障害、先天性欠陥、また悪性腫瘍を引き起こす。

どこに使われている?――ラウンドアップは認可され、今日でも雑草コントロールに広く使われている。それは地下水、土壌、河川、大気中にも見つかっている。


10. アスパルテーム

それって何?――サッカリンと同じく、アスパルテームは食べ物や飲料での砂糖代用品として使われる人工甘味料である。モンサント社は1985年アスパルテームの製造を行っていた最初の会社を買収して以来関与し始める。

何が悪いの?――一言では言えないので、もっと知りたい人はこれを読んでいただきたい。
http://thinker-japan.com/aspaltame.html#1


11.ウシ成長ホルモン(rBGH)

それって何?――モンサント社によって開発されたrBGHは、より多くの乳を出すように乳牛に注射される、遺伝子組み換えホルモンである。

何が悪いの?――人工的に牛乳生産を増やすことによって、rBGHは同時に膿、抗生剤の残余物、ガンを加速させるホルモンであるIGF-1の量も増やしてしまう。それが人に消費されると、同じくガン促進剤として作用し、乳がん、大腸がん、前立腺ガンと関係があるとされている。

どこに使われている?―― rBGHは、今日でも使用され、普通乳牛に二週間おきに注射される。


12.GMO (遺伝子組換え作物)

それって何?――これは、説明するまでもないし、モンサント社がこの基盤の元に成り立っていることは広く知られているところである。1990年代初期、モンサントはこのイニシアチブを取り始め、GMO生産は「世界の飢えた人々を食べさせるのを助けている」との信念の元に今日も続けられている。

どうして悪いの?――アスパルテーム同様一言では言えないので、詳しく知りたい方はこちらの記事を読むなどしてほしい。

➡ 元記事

トンプソン 真理子
在米20年のメディカル・リサーチャー&著作家。「すべての病は腸から始まる」「食で治せない病気は医者でも治せない」と唱えたヒポクラテスを師と仰ぎ、食と健康との深い関わり、大切さについて気づいてもらうべく日々発信している。 得意分野はリーキーガット、代表著書に「リーキーガット症候群」。

Leave a Response

ご注文の合計金額が2万円以上は送料半額(1450円)、3万円以上は送料無料になります。 非表示