Flora Optima

― あなたの中の百人の名医を呼び覚まそう ―

知っておくと得な雑学

シナモンビジネスの汚い小さな秘密を明かす

買ったシナモンの色や匂いが、どうも今までのシナモンと違うのですが・・?という質問がありましたので、この際それについて書きたいと思います。

ご存知かどうか知りませんが、シナモンには大きく分けて二種類があります:カシア・シナモンセイロン・シナモンです。

このうち、スリランカ産の薄茶色、黄土色のものがセイロンシナモン、値段もカシアシナモンの2~4倍と高級です。香りもやわらかい上品な甘い香りです。

一方、一般的に多く出回っているシナモンの名前で出荷されているのは実はカシア・シナモンの方で、中国・タイ・ベトナムといったアジア諸国で栽培されています。色合いもシナモンよりも赤みがかっていて、香りはセイロンシナモンよりも濃厚な甘い香りで、後味にピリッとスパイシーさを感じるのが特徴です。

カシアは樹皮のコルク層は取らずに丸めて乾燥をするため、手間もかかっておらずコストが低くなります。そのため一般的に安く流通しているのはカシアなのです。

でも、カシアでも表記名はシナモンと記して良いため実は知らない人も多くいるのは当然です。

ただし、どちらも素晴らしいたくさんの効能を持ちます:血糖値を統制する、抗菌作用がある、など

参考)過去の関連投稿:シナモンが砂糖依存を断ち切れる6つの理由

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

それでは、なぜそのようなことを気にするかというと、その中に含まれるクマリンという成分が問題になるのです。クマリンの含有量がこれらのシナモンでかなり違っていて、少量ではまだいいのですが、大量に摂ると毒性を発揮して肝臓や神経系に負担をかけるので、注意が必要になります。具体的には、セイロンシナモンはそのクマリンが全重量の0.04%しか含まれていないのに対して、カシアシナモンにはその100倍の4%も含まれています。

ですから、セイロンシナモンはかなり安全なのに対して、カシアシナモンを過剰摂取すると、さまざまな健康問題を引き起こしていくことになります。

 

各シナモンにおけるクマリンの含有量

● Ceylon Cinnamon, True Cinnamon. Mexican Cinnamon     0.017g/㎏

● Indonesian Cinnamon, Korintje Cinnamon,Pedang Cassia    2.15g/kg

● Saigon cinnamon, Vietnamese cassia. Vietnamese cinnamon  6.97 g/kg

● Cassia Cinnamon or Chinese Cinnamon           0.31 g/kg

(欧州食品安全委員会(EFSA)は、2013年4月のミシシッピ大学の研究に基づき、体重1㎏に対してクマリン0.1㎎の1日許容摂取量を定めている)

 

【セイロン・シナモンとカシア・シナモンの見分け方】

残念なことに、シナモンがもう挽いた状態のパウダーで売られていると、なかなか見分けがつかないのですが、それでもセイロン・シナモンには正式名が”Cinnamomum zeylanicum”とか、”Cinnamomum verum”(「本物のシナモン」という意味)とかパッケージに書いてあったりします。

一方カシア・シナモンは、”Cinnamomum cassia” や ”Cinnamomum burmannii”の植物から採取され、Chinese cinnamon” “Saigon cinnamon”, “Padang cassia” “Java cinnamon”と呼ばれています。

 

画像:左がセイロン・シナモン、右がカシア・シナモン

15672500_1064866550288635_4479963578186021745_n.jpg

ですが、出来ればシナモンはパウダーよりスティック状のものを買った方が違いがはっきり分かるでしょう。セイロンシナモンは黄土色、カシアシナモンはもっと赤みがかかっています。また一番わかりやすいのは、セイロンシナモンスティックは画像のように何層にも重なっているのに対して、カシアシナモンは一層だけです。
ですから、スティックを買って自宅のコーヒーグラインダーで挽いた方が安全で、挽き立ての香りも素晴らしいため、お勧めです。

もちろん、カシアシナモンでも少量を使用するぐらいなら大して問題はないので、安心してどうか憤慨して捨てずに使って下さいね^^

 

参考資料:
Cinnamon’s Dirty Little Secret REVEALED

シナモンとニッキ、カシアこの違いは?!最古のスパイスの効能

(#シナモン #トンプソン  #見分け方  #クマリン  #本物  #セイロンシナモン)

 

トンプソン 真理子
在米20年のメディカル・リサーチャー&著作家。「すべての病は腸から始まる」「食で治せない病気は医者でも治せない」と唱えたヒポクラテスを師と仰ぎ、食と健康との深い関わり、大切さについて気づいてもらうべく日々発信している。 得意分野はリーキーガット、代表著書に「リーキーガット症候群」。

Leave a Response